三菱電機 ネカ録i(ネットワークカメラ用録画・配信サーバ)

特徴

大量の録画データを省スペースに凝縮

ラックマウント型は、2Uサイズで16TBのハードディスクを搭載しています。デスクトップ型は最大8TBのハードディスクを内蔵でき、縦置きも可能ですので、少ないスペースで設置できます。

NS-5700.jpgNS-3500.jpgNS-1500.jpg

画像が消失するリスクを大幅に低減

NS-5700、NS-3500には、データの安全性を向上させるRAID5を搭載。ハードディスクが1台故障しても録画画像を保持できます。ハードディスクが故障した場合でも、録画しながらハードディスクを交換可能です。さらにNS-5700には冗長電源を搭載。電源故障による録画停止のリスクを低減できます。

hdchange.gif

メガピクセルをサポート

従来の高解像度(VGA:640×480ドット)を大幅に上回る高解像度(SXVGA:1280×960ドット)をサポート。小さくしか映っていない人の顔や車のナンバープレート等の確認がより簡単になります。

自由度の高いライブ画像表示

「スーパーマルチビューア」※を使用すると、複数の「ネカ録i」に同時に接続して、一度に最大64台のカメラ画像を表示できます。カメラ画像は、画面レイアウトを作成することにより、画面内の任意の位置に任意の大きさで表示でき、カメラ名の表示位置や背景色等も指定可能です。また、複数の画面レイアウトを自動的に切り替えて表示できます。カメラ配置図との同時表示も可能ですので、カメラの選択が直感的に行えます。(※ オプション)

img_features_03_01.jpg img_features_03_02.jpg

多彩な録画機能

曜日・時間を指定してのスケジュール録画や画像の変化を検知してのモーションディテクト(動体検知)録画をカメラ毎に設定できます。録画しない時間帯であっても、画像変化を検出すると録画することも可能です。「ネットワーク型入出力ボックス」※を使えば、センサー信号のオン/オフを検知しての録画や、信号がオン又はオフの間だけ録画できます。ライブ表示はコマ数を多くし、録画はコマを間引いて録画日数を延ばすことも可能です。(※ オプション)

motiondetect.jpg

充実した通知機能

画像の変化を検知したりセンサー入力があった場合は、異常監視PCへ通知できます。さらに、ハードディスクのアクセスエラー、ネットワークカメラからの画像送信停止、カメラアングルの変更等による基準画像との相違を通知可能です。「ネカ録i」自身が正常に稼動しているかどうかをネットワーク経由で監視する「ネカ録死活監視ソフト」※も用意しています。(※ オプション)

仕様

ハードウェア仕様

型名 NS-5700 NS-3500 NS-1500
HDD物理容量 16TB 8TB 4TB 2TB 1TB 500GB
RAID RAID5 RAID5 -
HDD実効容量 14TB 6TB 3TB 1.5TB 1TB 500GB
ネットワーク(RJ-45) 1000BASE-T(100BASE-TX/10BASE-T対応)×2
冗長電源
(ホットスワップ対応)
あり なし なし
接点入出力 オプションのネットワーク型入出力ボックスで可
消費電力 460VA/450W 200VA/190W 180VA/170W 75VA/70W
サイズ
(カッコ内はUSBキーを含むサイズ)
W485
×
D721(771)
×
H88mm
W250
×
D401(451)
×
H100mm
W215
×
D231(281)
×
H89mm
質量 23.8kg 8.9kg 4.2kg
動作環境 温度+10~35℃、湿度20~80%(但し、結露なきこと)

JPEG録画・配信仕様

型名 NS-5700 NS-3500 NS-1500
最大接続
カメラ数
32
解像度(横×縦) 1280×960(SXVGA)、640×480(VGA)、320×240(QVGA)
最大録画コマ数※1
VGA(35KB)、全カメラの合計、通常録画
約900コマ/秒 約800コマ/秒 約400コマ/秒
最大録画時間※2
VGA(35KB)、
カメラ1台、
2コマ/秒録画時
約50,000時間 約21,400時間 約10,700時間 約5,300時間 約3,500時間 約1,700時間
録画機能 常時、スケジュール、動体検知、センサー連動※3
画像
フォーマット
独自形式(保存する際はAVI形式も可能)
録画・
配信画像品質
ネットワークカメラ側の設定に依存
画像検索機能 日時指定、間隔・画像変化量指定
通信プロトコル TCP/IP
接続可能カメラ AXIS、キヤノン(その他のカメラについてはお問い合わせください)

システム仕様

監視モニター台数 最大4台
カメラ台数 最大64台
ネカ録i台数 最大10台

オプション

スーパーマルチビューアソフト 複数のネカ録に接続して最大81分割して一括表示
ネカ録画像集積ソフトLite ネカ録から画像をダウンロードしてPCのHDDにバックアップ
ネカ録画像集積ソフト 複数のネカ録から同時に画像をダウンロード(大規模バックアップシステム用)
ネカ録死活監視ソフト ネットワーク経由で複数のネカ録の死活を監視(大規模システム用)
ネットワーク型入出力ボックス ネットワークに直接接続する接点入出力ボックス(入力8、出力8)

監視用PCの推奨仕様

ハードウェア仕様 CPU:2GHz以上、メモリー:2GB以上(動作するOSにより、必要なスペックは変化)
ハードディスクの空き容量:40GB以上(検索画像の一時保存用領域として使用)
動作OS Microsoft Windows XP(Home Edition/Professional Edition) Service Pack 2, Microsoft Windows Vista Business、Microsoft Windows 7 Professional 最新サービスパック適用を推奨

※1:最大録画コマ数は、カメラの機種、画質設定、撮影対象、ネットワーク環境、動き検出有無などの条件により変化します。
※2:録画時間は、カメラの機種、画質設定、撮影対象により変化します。
※3:センサー連動はオプションのネットワーク型入出力ボックスが必要です。
● ネカ録は、三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社の登録商標です。
● DIGUARD、MELSAFETYは、三菱電機株式会社の登録商標です。
● Microsoft、Windows、Windows Vistaは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
● その他、会社名及び製品名は各社の商標又は登録商標です。