交通情報デジタルサイネージ

二次交通の利用促進のための駅ナカ・サイネージ

設置場所

  • 富山駅総合案内所横
  • 富山駅新幹線改札口前
  • 富山駅バス・タクシー案内所壁面
  • 富山駅観光案内所壁面
IMG_6994.jpg IMG_6998.jpg
富山駅バス・タクシー案内所 富山駅新幹線改札口付近

システム概要

各種情報をミックス、様々なデータを収集し表示します。

keitouzu.png

デジタルサイネージモード(各種ポスター・気象情報)

弊社のデジタルサイネージ・コンテンツ・マネジメント・システムを使用し、市内のイベントに関する告知ポスターや観光ポスターを表示しています。

キオスクモード(各種情報検索)

ディスプレイはタッチパネルになっており、タッチするとキオスクモードに切り替わり、各種情報を検索できます。

menu.png

各種情報との連動

  • 経路探索は、富山市公式観光ホームページと富山市観光協会とやま宿ナビ連動しており、常に最新のスポット情報を発信しています。
  • 経路探索は、『駅すぱあと』のヴァル研究所のAPIと連携しており、富山駅を起点とした目的地までの二次交通機関(あいの風富山鉄道、ライトレール、富山地方鉄道(鉄道・市電・路線バス)、コミュニティバスなど)を使用した乗り継ぎ探索が可能です。
  • 街なか情報では、まちづくりとやまが収集/発信している中心市街地催事情報『なかもん』と連携しており、最新のイベント情報をお届けしています。

緊急放送モード

何らかの災害が発生した場合、デジタルサイネージは緊急モードとして動作します。緊急モードではNHKやケーブルテレビのコミュニティチャンネルを表示でき、最新の災害情報を発信できます。